『ジオランドぎふ』の特徴

1.地質図

概観図と詳細図にわけ、詳細図は5万分の1精度で統一し、県内をシームレス化

1/100万、1/20万、1/10万、1/5万、1/2.5万程度のスケールで段階表示

地理院地図やGoogle Mapsの衛星写真・道路地図とオーバーレイ表示

地質図の透過度を任意に変更可能

「岐阜県活断層図」(鈴木・杉戸編,2010)を重ねて表示

2.地質区分・凡例

学術的に認められている地層名・岩体名を使用

最新の研究成果・地質概念を取り入れた地質区分

理解を助けるために約170項目の地質凡例について解説・写真等を掲載

用語等をポップアップ表示で解説

3.事項解説

活断層、温泉など"ジオ"に関係した11分野について約350項目の解説・写真等を掲載

各事項は地質図上の位置とリンクして表示

用語等の解説をポップアップ表示で解説

地質時代名の表示にはすべて地質年代区分表をポップアップ表示

項目の追加が随時可能

4.見学案内

なるべく多種にわたるジオについて県内全域にわたり20コースを用意

効率的な見学コースを推奨コースで設定

見学地点をピンポイントで「地質詳細図」上に表示し、行き方をわかりやすく解説

各見学地点について「位置」、「解説」、「写真」のほかに「ジオの視点」を掲載

用語等をポップアップ表示で解説

ブラウザ環境

  Firefox、Internet Explorer10.0以上またはGoogle Chromeを推奨(Internet Explorer.9以下では不安定になる可能性があります。)

写真提供・『事項解説』追加のお願い

  各解説項目に適切と思われる写真を提供してください。多くの方々にご協力いただくようお願いします。あわせて掲載にふさわしい『事項解説』がありましたら情報をお寄せください。

WMS配信サービスの提供について

  「ジオランドぎふ」の地質データをWMS(Web Map Service)配信サービスで提供を2015年5月11日より開始します。WMS配信サービスの提供範囲は、岐阜県全域の5万分の1の精度の地質図と断層および活断層です。このWMSを利用してQGISやArcGIS等のデスクトップGISで岐阜県全域の5万分の1の詳細地質図を画像として表示したり、OpenLayersやleaflet等のJavaScriptを使ってWEB上で表示することができます。
  WMSの利用方法については、WMSの利用を参考にしてください。