お知らせ

2014/11/01 : Version2.0正式版の公開

2015/03/30 : Version2.1の公開

  • 事項解説にトピックスを追加
  • 地質各説の詳細凡例の修正
  • 準備中の写真の追加

2015/05/11 : WMS配信サービスの提供開始

2015/05/25 : Version2.2の公開

  • 冠山地域の地質データの修正及び追加

2015/09/01 : ジオランドぎふ『モバイル端末版』 Version1.0の公開

  • モバイル端末版
  • 動作環境は、Android搭載の10インチまたは7インチの タブレット、iPadまたはiPad miniを推奨

2016/12/01 : ジオランドぎふ『見学案内コース』コンテンツの追加

  • 見学案内
  • 動作環境は、Android搭載の10インチまたは7インチの タブレット、iPadまたはiPad miniを推奨
  • コンテンツの写真追加

2017/06/10 : コンテンツの新規写真の追加と修正

2017/11/15 : コンテンツの新規写真の追加と修正

2018/05/10 : コンテンツの新規写真の追加と修正

2018/11/01 : サイトのSSL化と地図表示を地理院地図に統一

ジオランドぎふのコンテンツ

地質概要

岐阜県の地質概要図(地質時代にそった大まかな区分による地質の分布)およびそれぞれの解説をみることができます。

地質各説

岐阜県の地質詳細図(5万分の1精度の詳細な地質の分布)およびそれぞれの解説をみることができます。

事項解説

岐阜県内のいろいろな地質現象や関連した事項についての説明をみることができます。

見学案内

岐阜県内の岩石・地層・化石等に現地で触れるための見学案内コースをみることができます。

Web版 岐阜県地質図 『ジオランドぎふ』の公開にあたって

  『岐阜県地質鉱産図及び概説』(1970)が発刊されてから約45年が経過し、この間に岐阜県地域に関する地質情報量は飛躍的に増大した。さらには、まったく刷新された地質概念の構築がなされるなど、県内の多岐にわたる地質環境の各場面において、これまでとは比べものにならないほどのめざましい研究の進展がなされてきている。こうした状況を学術的な立場から整理して一枚の基本図として表現することは決して無意味ではないが、その機能はすでに公表されている産業技術総合研究所地質調査総合センターのシームレス地質図等で十分に果たせる。それらから岐阜県地域を切り出して描くだけではほとんど意味はない。

  いっぽうで、地震災害や土砂災害などの「大地(=ジオ)」にかかわる災害が全国的にも注目されるようになり、防災やインフラ整備の面からも新たな地質学的成果を反映した精度の高い基本図が求められている。それらに加えて、環境保全、教育、観光、産業振興など、地域あるいは生活場面のレベルにおいて具体的に対応が求められる「ジオ」の課題が数多く存在している。誰もが自分の生活にかかわる情報として日常的にそれらに目を向ける必要性に迫られており、岐阜県地域はその「ジオ」にかかわる材料に事欠かない地域といってよい。基本情報図としての地質図にできるだけ多くの「ジオ」にかかわる情報を組み合わせ、かなりの情報量を即時的に入手できる時代に即して、それらを容易に取り出せるシステムに載せることで気楽に利用してもらう、これがWeb版岐阜県地質図『ジオランドぎふ』の作成意図である。

  こうした意図のもとで有効に活用していただくことを願って、この『ジオランドぎふ』はすべて無料で自由に活用いただくことにする。膨大な資料を扱っている関係から、誤記等が多々あることを懸念しており、可能な範囲で訂正に努めていきたいが、原則として利用者の責任において措置いただくことをお願いする。また、このシステムの利点として事項解説等の項目追加が随時可能であり、今後も可能な範囲で追加していきたいと考えている。


2014年10月

岐阜県地学調査会(代表 小井土由光)